公認会計士試験・業務の謎 > 監査法人とは > 公認会計士合格者はなぜ監査法人に行く?

公認会計士合格者はなぜ監査法人に行く?

スポンサード リンク

公認会計士試験に合格した場合、ほとんどの人が監査法人に勤めることになります。

実務経験

なぜ、ほとんどの人が監査法人に勤めるのか?というと、実は、監査法人に勤めないと、本当の公認会計士になるのが難しいからなのです。

実は、公認会計士試験に合格しただけでは、公認会計士の資格を得ることはできないのです。もちろん、公認会計士として活動することもできません。

公認会計士の資格を得るためには、公認会計士試験合格に加えて、さらに監査の実務経験を積み、補修所と呼ばれる研修機関に通う必要があるのです。

監査の実務経験を積む以外にも、公認会計士の資格を得る方法はありますが、その審査は厳しく、実績はほとんどないようです。

監査の実務経験を積む場所はどこか?といえば、現実的には監査法人しかないわけです。そのため、少なくとも、会計士試験合格後、数年間は、監査法人に勤めざるを得ない、というのが実態なのです。


過去何回か、公認会計士試験合格者が多くなりすぎてしまい、監査法人での採用人数を超えてしまったときがありました。そういう場合には、せっかく公認会計士試験に合格しても、監査法人に入れないため、公認会計士の資格をとることができないかもしれない、、、そんなジレンマを抱える人も大勢いたようです。

カテゴリ一覧

監査法人とは
監査法人とは監査法人の社員とは監査法人の人員構成監査法人の人口ピラミッド監査法人に入るには公認会計士合格者はなぜ監査法人に行く?監査法人の歴史
[an error occurred while processing this directive]