公認会計士試験・業務の謎 > 監査法人とは > 監査法人に入るには

監査法人に入るには

スポンサード リンク

監査法人には、入社試験というのは基本的に存在していません。

少なくとも、去年までは「公認会計士試験」が監査法人の入社試験の役割を果たしていました。


公認会計士試験は例年秋に合格発表が行われていました。

その結果を受けて、合格者に対して、面接が行われます。

ここ数年は、公認会計士試験合格者が増えてきているため、面接もそれなりにやっているようですが、かつては、面接を受けにきた人のほぼすべてに内定を出していた、なんていうこともあったようです。

監査法人の入社試験

ここで、ポイントになるのは、監査法人の入社試験には筆記試験がない、ということです。

まるで、大学入試におけるセンター試験のように、「公認会計士試験」が入社の筆記試験を兼ねているのです。

逆に言うと、監査法人に入りたい人は、公認会計士試験に合格しなければ、監査法人に入る道は、ほぼ閉ざされます。


ちなみに、監査法人に入りたい人なんかいるの?と思われるかもしれませんが、実は、私はそう思っていました(^^)。

今になって理由を聞かれても困ってしまうのですが、実際に監査法人ライフを体験してみると、これはこれで、結構楽しいです(^^)。

カテゴリ一覧

監査法人とは
監査法人とは監査法人の社員とは監査法人の人員構成監査法人の人口ピラミッド監査法人に入るには公認会計士合格者はなぜ監査法人に行く?監査法人の歴史
[an error occurred while processing this directive]