公認会計士試験・業務の謎 > 監査法人とは > 監査法人の人口ピラミッド

監査法人の人口ピラミッド

スポンサード リンク

監査法人の人員構成には、非常に特徴的な部分があります。

どの監査法人も、社員(普通の会社でいう取締役のようなものです)が突出して多く、中堅層が少ない、そして、底辺の実働部隊が異常に多い、という人員構成になっています。

年齢別の人員構成図を書くと、ちょうど、アルコール度数の高いカクテルのグラスのような格好になります。


監査法人の人員構成

なんで、こんな人員構成になってしまったのか?

まず、監査法人のトップ層である社員は、数が増えることはあっても、減ることはまずありません。基本的には、定年を迎えない限りは社員を辞めることはありませんし、一方で、合併に次ぐ合併で社員数はどんどん膨らんでいったのです。


また、公認会計士は、独立心旺盛なこともあり、中堅層はどんどん監査法人を辞めていきます。

そのうえ、近年の監査に対する世間の目の厳しさを受けて、監査の現場では業務量は増える一方となります。そのため、ただでさえ、中堅層が辞めがちなのに加えて、過度な負荷がかかった中堅層がどんどん抜けていく、という悪循環に陥っている感さえあります。


人が減る一方で、業務量は増える一方となるため、人手不足を補うため、今度は、新卒採用に力を入れます(残念ながら、監査法人で公認会計士を中途採用する、というルートはあまりありません。)。最近の新卒採用は半端ではなく、人員の多くが、入社4,5年以内の人、という監査法人すらあります。

この結果、人員構成が歪んでしまっているんですね。

カテゴリ一覧

監査法人とは
監査法人とは監査法人の社員とは監査法人の人員構成監査法人の人口ピラミッド監査法人に入るには公認会計士合格者はなぜ監査法人に行く?監査法人の歴史
[an error occurred while processing this directive]