公認会計士試験・業務の謎 > 監査法人とは > 監査法人とは

監査法人とは

スポンサード リンク

監査法人とは、監査を行うための特殊法人です。

かつては、上場企業の監査は、個人の公認会計士が行っていました(今も、ごく一部は、個人の公認会計士による監査が行われている場合もあります)。

しかし、何十年も前に、粉飾決算が問題になったときに、個人の公認会計士による監査では、その能力に限界がある、という話がでて、公認会計士が集まった法人を作り、そこで組織的に監査を行わせることとなりました。

そこで、作られたのが監査法人という制度です。


監査法人

監査法人は、会社法でいう合名会社をベースとして作られた組織で、監査法人の構成員は、出資者であり業務執行権・代表権を持つ「社員」と呼ばれる人と、通常の従業員である「職員」とからなります。

一般的な会社でいうと、社員=取締役から部長、職員=部長から平社員、といったイメージになるでしょうか。

個人の公認会計士達は、監査法人を設立し、監査法人として(つまり、複数の公認会計士が共同で)監査を行うこととなったのです。


監査法人は、企業の監査を行うために設立された法人です。そのため、主な業務は監査ということになります。

また、監査法人は株式会社ではないため、監査法人自身が監査を受ける義務はありません(もっとも、監査法人が監査を受けると、結構ボロボロな面があって面白いかもしれませんが・・)。

カテゴリ一覧

監査法人とは
監査法人とは監査法人の社員とは監査法人の人員構成監査法人の人口ピラミッド監査法人に入るには公認会計士合格者はなぜ監査法人に行く?監査法人の歴史
[an error occurred while processing this directive]