公認会計士試験・業務の謎 > 公認会計士試験 > 公認会計士試験体系の簡素化

公認会計士試験体系の簡素化

スポンサード リンク

新公認会計士試験制度においては、試験体系が簡素化されています。


旧公認会計士試験制度においては、試験は1次試験、2次試験、3次試験の3段階にわけて行われており、2次試験は2回(短答・論文)、3次試験も2回(論文・口述)に分けて行われていました。結果として、3段階5回もの試験が行われていたことになります。

一方、新公認会計士試験では、1次試験、3次試験を廃止し、旧2次試験のみを残すこととなりました。そのため、短答式試験・論文式試験の2回の試験しか受験しないでも済むことになる、、、、と公には言われています。


公認会計士試験

これは、確かに嘘ではないのですが、やや誤解を生む面があります。

というのは、実質的には、何も変わっていない、とも考えられるからです。


まず、今回廃止された1次試験ですが、大学に2年以上在籍していた人は1次試験を免除されていました。そのため、実際の受験者は、ほとんどいなかったようです。そのため、1次試験が廃止されたとしても、実際上の影響は小さいでしょう。

また、3次試験は廃止されますが、代わりに、補修所の修了試験を受験することが要求されます。

補修所というのは、公認会計士試験合格後に、公認会計士に必要な知識を得るために通う学校のようなものです。この補修所に1年間程度通うことになるのですが、その最後に修了試験に合格しないと、公認会計士となることはできません。

実際には、この補修所の修了試験が3次試験の代わりになると言われています。


このように、新公認会計士試験制度における試験体系の簡素化については、一般に言われているほど意味はない、と考えたほうが無難です。

カテゴリ一覧

公認会計士試験
新公認会計士試験とは公認会計士試験の受験資格公認会計士試験体系の簡素化短答式試験論文式試験短答式試験の試験科目一部免除論文式試験の試験科目一部免除新公認会計士試験の合格率 大胆予想公認会計士になるまでの期間新公認会計士試験制度で社会人受験が増える?