公認会計士試験・業務の謎 > 公認会計士試験 > 短答式試験

短答式試験

スポンサード リンク

公認会計士試験の短答式試験は、毎年5月末、6月最初の日曜日の合計2日にわたり行われます。

試験科目は、財務会計論が180分、管理会計論、監査論及び企業法が各90分、問題数は、財務会計論40問、管理会計論、監査論及び企業法各20問とされていて、マークシート方式により解答をすることになります。


公認会計士短答式試験

さて、短答式試験の特徴は、なんといっても、問題数のボリュームの多さです。短答式試験の時間と問題数の比率を見ると、1問あたり4分30秒で解いていく計算ということになります。そのため、問題を解くスピードをあげることが要求されてきます。

しかも、旧公認会計士試験制度では、試験実施時間が180分(1日)であったのが、新公認会計士試験制度では、試験実施時間は360分(2日)と倍になっています。そのため、これだけの長時間、あきらめず、集中力を切らさないで問題を解く必要があるのです。

ちなみに、社会人受験生の立場からすると、日曜日を2日も潰さなければいけない、というのは苦痛以外の何ものでもないと思うのですが、なんで、試験日程を長期化させたのか、私には理解できません・・


さて、この短答式試験ですが、新試験制度では、1回合格すると、その後2回の試験は免除される、という制度設計になっています。

例えば、平成18年度の試験において、短答式試験に合格すると、平成19年度、平成20年度の2回は受験を免除されることとなるのです(平成21年度は再度、短答式試験を受験しなければいけません)。

旧制度では、毎年、短答式試験に合格できるかどうかが切実な問題だったのですが、新試験制度では、少なくとも、この点は心配しないでもすむようになりそうです。

でも、逆にいうと、試験免除は向こう2年間だけですので、この期間内で合格を決めてしまわないと、大変なことになるかもしれません。

カテゴリ一覧

公認会計士試験
新公認会計士試験とは公認会計士試験の受験資格公認会計士試験体系の簡素化短答式試験論文式試験短答式試験の試験科目一部免除論文式試験の試験科目一部免除新公認会計士試験の合格率 大胆予想公認会計士になるまでの期間新公認会計士試験制度で社会人受験が増える?
[an error occurred while processing this directive]