公認会計士試験・業務の謎 > 公認会計士試験 > 公認会計士になるまでの期間

公認会計士になるまでの期間

スポンサード リンク

新公認会計士試験制度のもとで、公認会計士となるためには、下記のステップを踏む必要があります。

  1. 短答式試験に合格する
  2. 論文式試験に合格する
  3. 実務経験を積む(2年間。試験の前後を問わない)
  4. 補修所に通う(論文式試験合格後に通う。通常は1年間)
  5. 補修所の修了試験に合格する

このステップをすべてこなすことで、めでたく公認会計士となることができるのです。

さて、それでは、受験勉強を始めてから、どれくらいで公認会計士になれるのでしょうか?


公認会計士試験合格までの受験勉強期間

旧公認会計士試験制度のもとでは、一般的に短答式試験・論文式試験を合格するには約1年半の受験勉強が必要とされていました。これは、新試験制度になっても変わらないのではないか?というのが私の推測です。

さらに、一般的には、その後、監査法人等で実務経験を積みつつ、並行して補修所に通うことになります。これは、新試験制度のもとでは2年間が必要となります。ちなみに、最後のステップである補修所の終了試験は、この2年の間に受けることになります。

ですから、一般的には、受験勉強を始めてから公認会計士になるまでの期間は、下記のとおり、3.5年を要することになります。

試験勉強1.5年 + 実務経験等2年 = 3.5年

この3.5年という期間が長いか短いか、それは人によって様々だと思いますが、一生物の資格が3.5年で手に入る、とすれば、決して無駄な時間ではないと思いますよ。


※ちなみに、最後の2年は監査法人等に勤めることとなりますので、通常の会社員として給料が支給されます。そのため、受験勉強に専念するとしても、金銭面で無収入を覚悟しなければいけないのは、試験勉強期間中だけになると考えられます。

カテゴリ一覧

公認会計士試験
新公認会計士試験とは公認会計士試験の受験資格公認会計士試験体系の簡素化短答式試験論文式試験短答式試験の試験科目一部免除論文式試験の試験科目一部免除新公認会計士試験の合格率 大胆予想公認会計士になるまでの期間新公認会計士試験制度で社会人受験が増える?
[an error occurred while processing this directive]