公認会計士試験・業務の謎 > 公認会計士試験 > 新公認会計士試験とは

新公認会計士試験とは

スポンサード リンク

公認会計士試験は、平成18年度から新制度に移行します。

新公認会計士試験制度の特徴としては、下記の点が挙げられます。

新公認会計士試験
  • 受験資格の制限はなし
  • 「1段階2回」の試験体系に簡素化
  • 一定の要件を満たす実務経験者、専門職大学院修了者などに対する試験科目の一部免除
  • 短答式試験合格の有効期間(2年間)の設定
  • 論文式試験の有効期間(2年間)を設けた科目合格制度の導入
  • 業務補助等は、試験合格の前後を問わない

新公認会計士試験制度の目的は、多種多様な人材を確保するために、少しでも試験を受けやすくしよう、というもの(らしい)です。

そのため、論文式試験は科目別合格制度を採用しているとのことですが、実際の内容を見てみると、試験制度改正の意味があまりないところも、多々あるようです。


以下、新公認会計士試験の特徴を書いていこうと思います。

カテゴリ一覧

公認会計士試験
新公認会計士試験とは公認会計士試験の受験資格公認会計士試験体系の簡素化短答式試験論文式試験短答式試験の試験科目一部免除論文式試験の試験科目一部免除新公認会計士試験の合格率 大胆予想公認会計士になるまでの期間新公認会計士試験制度で社会人受験が増える?
[an error occurred while processing this directive]