公認会計士試験・業務の謎 > 監査の限界

監査の限界

スポンサード リンク

監査の限界 記事一覧

監査の限界
監査基準上は「粉飾決算を見逃したとしても、監査基準上、監査人としての責任を全うした」というケースがあり得ます。
監査はサンプルチェックで行う
監査は、重要な誤りがないことをかなりの高確率で言えることは間違いないのですが、サンプルから漏れてしまった取引から誤りが生じた場合には、監査の実施過程で誤りを発見しようがないのです。
監査は重要な誤りがないことを確かめる
監査は全体として財務諸表等に全体として重要な誤りがないかどうかについて保証を与えることを目的としています。
監査に強制調査権はない
監査上必要な情報というのは、全て会社の人に了承を得たうえで入手します。そのため、会社の人が書類を出すことに同意しなかったり、会社の人に情報を隠されてしまった場合には、監査人は情報を得ることができません。
監査の指導的機能と粉飾指南
監査というと一般的なイメージとして、会社が作成した財務諸表等について、誤りがあれば指摘する役割(批判的機能といいます)を想像すると思うのですが、監査には「指導的機能」という別の役割も期待されています。

公認会計士試験・業務の謎項目一覧

公認会計士とは
公認会計士とは公認会計士の独占業務公認会計士と税理士の違い公認会計士は税理士になれる公認会計士と税理士の争い会計監査人と会計参与との違い
監査とは
監査とは証券取引法監査とは会社法監査とは監査役とは
監査に対する誤解
監査って何をやるの?売上計上時期の判断をどうする?売上計上時期の判断は簡単ではない−その2
監査の限界
監査の限界監査はサンプルチェックで行う監査は重要な誤りがないことを確かめる監査に強制調査権はない監査の指導的機能と粉飾指南
粉飾の手口
架空売上架空在庫滞留在庫の評価カイティング(預金水増し)連結はずし
粉飾を見破る方法
分析的手続売上債権の回転期間分析原価率分析平均借入利率分析
公認会計士試験
新公認会計士試験とは公認会計士試験の受験資格公認会計士試験体系の簡素化短答式試験論文式試験短答式試験の試験科目一部免除論文式試験の試験科目一部免除新公認会計士試験の合格率 大胆予想公認会計士になるまでの期間新公認会計士試験制度で社会人受験が増える?
監査法人とは
監査法人とは監査法人の社員とは監査法人の人員構成監査法人の人口ピラミッド監査法人に入るには公認会計士合格者はなぜ監査法人に行く?監査法人の歴史
当サイトについて
当サイトについて相互リンク募集