公認会計士試験・業務の謎 > 公認会計士とは > 公認会計士と税理士の違い

公認会計士と税理士の違い

スポンサード リンク

公認会計士は、税理士とは全く違います。一般的に「公認会計士=税理士」というイメージがあるかもしれませんが、これらは本来は別の資格です。

公認会計士と税理士の違い

公認会計士の独占業務は監査業務である一方で、税理士の場合には、独占業務は税務業務となっています。

そこで、ここでは、その両者を比べていきたいと思います。


公認会計士の仕事のひとつである監査業務は、下記のような内容になります。

  1. 独立の第三者の立場から
  2. 投資家のために
  3. (企業が作成した)財務諸表等を
  4. 会計基準に従って
  5. 適正に表示されていることを証明する。

一方で、税理士の仕事である税務業務は、下記のようなものです。

  1. 企業の代理人としての立場から
  2. 企業のために
  3. 税務申告書を
  4. 税法に従って
  5. 税理士自ら作る。

公認会計士と税理士の違いがわかるでしょうか?

公認会計士の仕事は、自分では書類を作らず、会社が作った書類について正しいというお墨付きを与える仕事なのです。

公認会計士は企業の代理人としての仕事を求められているわけではなく、企業から独立した第三者としての立場を求められているのです。


一方で、税理士は、企業に代わって、税務申告書類を作る仕事です。

つまり、税理士はあくまで、企業の代理人としての立場でしかないのです。善し悪しの問題ではなく、公認会計士とは全然別個の仕事です。


カテゴリ一覧

公認会計士とは
公認会計士とは公認会計士の独占業務公認会計士と税理士の違い公認会計士は税理士になれる公認会計士と税理士の争い会計監査人と会計参与との違い
[an error occurred while processing this directive]