公認会計士試験・業務の謎 > 公認会計士とは > 公認会計士とは

公認会計士とは

スポンサード リンク

公認会計士とは、弁護士、不動産鑑定士等のような国家資格のひとつで、監査・会計・税務のプロとして国が認定する国家資格です。

公認会計士

なぜ、公認会計士を、国家資格とする必要があるかというと、公認会計士には、高度の専門性が必要とされるからです。

公認会計士は、企業の財務諸表(企業の財政状態や経営成績を投資家に対して開示するための書類)が正しいかどうかを、投資家に代わって確かめることを職業としています。

ところが、通常の場合、投資家は、投資をしようとする先の企業の監査人を自由に選ぶことはできず、あらかじめ、監査人は決まってしまっています。

そのため、監査人が信用できない人であると、投資家は安心して、その企業に投資をすることができなくなってしまいます。


そこで、国家が監査人となれる人を公認会計士という国家資格により認定することで、監査人のレベルを一定に保とうとしているのです。

カテゴリ一覧

公認会計士とは
公認会計士とは公認会計士の独占業務公認会計士と税理士の違い公認会計士は税理士になれる公認会計士と税理士の争い会計監査人と会計参与との違い